歯科セミナー 歯科医院の開業や集患対策、増患スキームを提案するデンタルセミナーサイト。

患者目線

医師と患者は違う場所を見ています

よくありがちが事なのですが、医師と患者は見ている目線とポイントが違います。
ここでいう目線とポイントというのは、歯科医師は口腔内の環境を良くするためにお口の中を見ますが、患者はここの歯科医院は自分に合った歯科医院かどうかを見極める目線で見ています。
見た目の清潔感や医院の色、先生の説明や治療時の対応、スタッフの対応、個々それぞれの目線でさまざまなポイントを見ています。

特に女性患者は繊細ですので、先生やスタッフが気づかない些細なことでも気にされる方もいらっしゃいます。
そこで大事になってくるのはスタッフ教育です。
治療をスムーズに進める為というのは勿論ですが、患者はスタッフのことを本当によく見ています。言葉遣いや態度、対応の仕方など、先生がどれだけ素晴らしい治療を行っても、スタッフの気配りができていないという理由だけで選ばれない歯科医院になってしまうのです。

スタッフ教育に欠かせない外部からの教育

スタッフ教育にお悩みの先生は多くいらっしゃいます。とても大切なことをいくら説明しても、中々聞いてもらえないと苦労されている先生がとても多いです。先生と同じように患者のことを考え、地域に貢献するために一生懸命なスタッフばかりなら苦労もしませんが、そう都合よくはいきません。ではどうすればよいのか?

目標を与えて目的を作ってあげるのです。
スタッフは日々の業務に慣れ、どんどん効率的に動くようになります。
これは歯科医師としては嬉しい事なのですが、慣れというのは良くも悪くも手を抜き本人のがんばる気持ちを弱らせてしまう要素となります。

そこで大切のが外部の人間から目標と目的を与えさせることです。
人は日々接している人間の言葉には慣れを感じ重要性を見失しないがちです。ですが先生と同じ言葉を医院とは関係のない外部の人間に言われるだけで、スタッフは自然と聞く耳を持つようになります。
スタッフのやる気を後ろから押してあげるだけで、医院は選ばれる歯科医院になる可能性が大きくなります。